ピーたま徒然な日々

野鳥、ペット、風景、何でも好きなものを撮っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bettieとの毎日

ここのブログとは別に、ちょっとした英語表現も交えつつの日記、Bettieとの毎日を書き始めました。大切な海の向こうの友人と共に持てる残りの年月を謳歌するように毎日やりとりをしているのですが、思い出に残る記録のようなものにしたいというのもあり、続けられる間はちょこちょこ綴りたいと思います。まだ記事はほとんどありませんがのぞいてみてもらえたらと思います。http://blog.livedoor.jp/yokoriko3176/
  1. 2014/09/10(水) 11:23:54|
  2. 未分類

気まぐれ

メダカ140908-1

子供の受験→入学も済んで落ち着き、猛暑も遠のき、永らく親しんだガラケーもiPhoneとなり、少し生活に変化が訪れたところで久々に投稿してみたりして。そもそもiPhoneはアメリカの大親友とも言うべき元ホストマザーのベティーからうるさくiPhoneにしろと言われ続けていたのと、iPad miniとテザリングしたかったのとでついに購入することになったのでした。iPhone同士だと世界中どこにいても無料でチャットのようなメッセージのやりとりが出来るのですね。ベティーの罠にハマり、朝晩怒涛のチャット攻撃。でもそれを幸せに思う今日この頃。iPadでCNNとABCをポッドキャスティングするのも日課ですが、ABCのDiane Sawyerが降りてしまったけどDavid Muir の声もまた好み。Apple生活を堪能する毎日です。写真のメダカですが、一切餌をやらなくなってから長生きするようになりました。
  1. 2014/09/08(月) 21:40:42|
  2. 未分類

寒くなってきました

雑木林の栗121104-1

もう何週間も前に姉を誘って、秋の八ヶ岳を見に行って来ました。紅葉にはまだ早かったけれど冷たい風と空はすっかり秋。赤と黄色と緑が入り混じる風景もまた美しいものです。八ヶ岳倶楽部にお邪魔すると馴染みの店員さんが出迎えてくれて久しぶりに色々おしゃべりをしてきました。レストランでのいつものフルーツティーはもちろんのこと、パスタやケーキも美味しくいただきましたよ。

写真をアップしようしようと思っているうちに忘れてしまい、そうこうするうちにゆきちゃんの前歯が伸びすぎていたので切ってもらって落ち着いたと思った途端に胃腸が動かなくなり糞は出ない食べない状態が続き痩せてしまい手術も覚悟しましたが、手術の判断が下されると覚悟したバリウム検査の結果ではなぜか良い兆しが見られ、それから薬やマッサージをしながら数日。おとといの金曜日の夕方になってから急に腸が活発に動き出したようで驚くほど回復し始めてくれて、私たちもやっと少しは落ち着いて眠れるようになりました。
ほっとしたのもつかの間、昨日突然に姉の家のコーギーが胸腺のガンだと知らされました。先月から食欲が急激に落ちていたのでどこか悪くしているようなそんな悪い予感がしていたのですが、もう長くないだろうということを聞かされて、うんと泣いてしまいました。まだ若いのに。私も随分かわいがって来ました。生きものはいつかは最期が来るのが当たり前。でもやっぱり、悲しいです。今度会いに行って来ますが、あと何度会えるか分からないので最後のお別れのつもりで抱きしめてやるつもりです。たぶん私は涙を我慢出来ないんだろうな。


7種類のきのことツナのトマトソーススパゲティー121104-1

森の恵みのチーズケーキ121104-1
  1. 2012/11/04(日) 14:54:51|

今年もまた

シジュウカラ121006-1

朝晩肌寒くなってきたと思ったら急にシジュウカラがやってくるようになりました。ちょっと早いけれどナッツだけ少し置いてやりました。自然に餌が沢山ある時期はナッツなんか置いても来ないのですが、なんと4羽もやってきて縄張り争いを繰り広げる程なので、やっぱりあまり餌がないのかな...と思いました。近くの林も一部伐採されて老人ホームが建っているし。
今年の餌台はちょっとアレンジして屋根付き餌台ハウス組と屋根なし雑木林組の2か所に小分けしようかなと思っています。少し大きめの枯れ枝を止まり木のように雑木の寄せ植えの近くに置いてみました。メジロやシジュウカラなど体重の軽い子達が沢山止まってくれるといいな。
今年はスズメはまだ来ません。うちからちょっと行った所の林や原っぱのある辺りには沢山いるようですが、草の種などまだ食べるものが沢山あるのかな。朝起きた時にスズメの声がしないと淋しいです。

シジュウカラ121006-2

やっぱり小鳥の仕草を眺めている時が一番癒されます。
  1. 2012/10/06(土) 19:38:56|
  2. 野鳥、自然、生きもの

ウォーキング

キノコ120929-1

最近、ウォーキングを始めました。飽きなければしばらく続けるつもりです。今朝は早起きをして公園に行きましたが、せっかく行くならと思いカメラとレンズを2本下げて行ったら結構な大荷物で何をしに行ったのかよく分かりませんでした。まだ鳥もほとんどいなくて良い被写体はなく、散歩道のキノコなんか撮ってしまいました。

ヒガンバナ120929-1

曼珠沙華。やっぱり赤でないと。

水仙の球根120929-1

家に水仙の球根が届きました。これは、園芸家で有名な八ヶ岳倶楽部代表の柳生真吾さんが進めていらっしゃる被災地支援の一環の「スイセンプロジェクト 5for5」に申し込みして届いたものです。1口で水仙の球根が10球。注文者に5球、そして同時に東北の被災地に5球が届けられるというものです。寒い冬を越えて春になったら、被災地の方々とともスイセンが咲く喜びを分かち合う・・・そういうプロジェクトです。春に八ヶ岳を訪れた時にもちょうどボランティアの申込書を書いた紙を手に持ってらっしゃいましたが、知名度のある方が率先してボランティアをされるというのは影響力もあるしいいものだなと思いました。まだ申し込み出来ますので興味のある方、のぞいてみてはどうでしょうか。
  1. 2012/09/29(土) 19:51:23|
  2. 草・木・花

抜け毛

ゆきちゃん120916-1

無難で便利なF2.8の標準ズームが退屈になり、ここ最近は20mmF1.8のちょっと面白い単焦点レンズをつけっぱなして使っています。なぜか私のカメラにつけるとF1.7に変化してしまう謎はあるのですが...。明るいしボケもきれいに出るし被写体にかなり寄れるので使い勝手もいいです。

季節の変わり目は抜け毛が増えるというけれど、確かにゆきちゃんも飼い主も急激に抜け毛が増えてきました(飼い主は別の理由でしょうか...)。部屋中あっちもこっちもゆきちゃんの毛がふわふわ、近くに寄って撫でただけでコンタクトに毛が張り付くし、これじゃ毎日ブラッシングしないと毛球症になってしまうと、お父さんは頑張って外に連れ出してワシワシしています。

球界の4番、アニキ金本はユニフォームを脱ぐことになってしまったし毎日少しずつ陽が傾くのが早くなってきたし、ちょっと物悲しい気分になることも多く、昨夜は2羽のセキセイインコの雛に挿し餌をする夢をずっと見ていました。なんとも寂しい気持ちで目が覚めたのでした。
  1. 2012/09/16(日) 13:51:23|
  2. うちのペット

猛暑、終了

ヘンリーヅタ120909-1

やっと、猛暑が過ぎた...。人間にも動植物にとってもこれ以上続くとヤバイ...と思うくらいの辛く長い猛暑が終焉を迎えた気がします。そしてなかなか秋が深まらないな~と思ってるうちに一気に冬だったりして。いつか、「日本の四季」という言葉が「日本の二季」に書き換わっていないことを祈ります。
階段の手すりに絡みつくヘンリーヅタが赤く色づくのは当分先なのかも。どことなく味わい深くて好きな植物です。「ajiniwa」という独自の言葉を作ったガーデナーさんもいるようですが、お洒落に背伸びしたイングリッシュ(風)ガーデンじゃなく、どこか懐かしく味わい深い庭作りにもいい味出してくれる植物ではないかと思います。

ヘデリフォリム/ピンク120909-1

3年前から育てている原種シクラメンのピンクがきれいに咲いています。別の鉢に植えている白いお花の方はちょっと条件が悪かったのか寝覚めが悪く、まだ花茎を長く伸ばしていません。このヘデリフォリウムという原種のシクラメンは花も約3cmと小ぶりで、普通のシクラメンのような派手さはないけれどとてもかわいらしく、群生しているとなかなか素晴らしいと思います。
  1. 2012/09/09(日) 07:24:32|
  2. 草・木・花

水と光と空気

上高地の小川120818-1

このモネの絵のように見えるのは上高地の小川です。先月、一度行きたくて仕方なかった上高地に行って来ました。重い腰をようやく上げてアップしたというわけです。上高地、訪れたことはありますか?詳しく説明するまでもないですが、本当に水と光と空気の美しさといったら。幻想的な朝もやの美しさといったら。時間を忘れてどこまでもどこまでも吸い込まれるように歩き続けてしまいます。

上高地のホテル120818-1

田代橋に近い某ホテルに泊りました。サービス、料理ともにとても良く、リニューアルしたのもあってとてもきれいでした。散策に便利なロケーションながら、有名な河童橋からは離れた場所にあるので静かな時間を過ごせます。

上高地のヒガラ120818-1

上高地ってやたらとヒガラがいます。うちの近所で見かけるシジュウカラと同じくらいの比率で姿を見ました。あ、なんかいる...と思ったらだいたいヒガラです。

梓川120818-1

有名な梓川。水の色に驚きました。薄いターコイズみたいな色をしています。早朝は辺り一面朝もやに包まれます。

梓川のほとり120818-1

梓川のほとりの明るい散歩道。

上高地のオオアカゲラ120818-1

林に入ると色んな野鳥の声が聞こえて来ます。ドラミングに気付いてカメラを向けるとオオアカゲラ。初めて見ました。

上高地のアオゲラ120818-1

アオゲラ。二羽でいたのですが遠いし暗いしなかなか撮れません。

上高地のコゲラ120818-1

ちょっと逆光になってしまったコゲラ。どれだけシャッターを切っても構わず虫をほじくり出していました。ちょうど朝ご飯の時間だったんでしょうね。

たった一泊でもゆきちゃんやもこちゃんたちを無理矢理獣医さんのペットホテルに連れて行ったり迎えに行ったりするのはエネルギー使います。行きと帰りの時間があるので彼らには3泊してもらいました。預ける時のもこちゃんのパニックぶりには参りましたが、顔が見えなくなれば他の子たちと鳴き合ったりスタッフのお姉さんに自慢のハトポッポを披露したりしたそうで、お迎えの時にはとても元気でハッピーな表情でした。
上高地はマイカー規制もしているし人が沢山いる割には少し奥まで入ってしまえば森林浴に集中出来ます。街に暮らす人間が普段絶対に味わうことのできない自然らしい自然にあふれていました。完全に鈍っている五感が一気に鋭敏になるような感覚は子供の時以来かも。こういう時間は必要ですね。
  1. 2012/08/18(土) 20:49:59|

生存報告

金ちゃん120701_1

なかなか気が向かず、投稿ページに入るのも久しぶりでログインを求められてしまいました。たまには生存報告でもしたほうがいいのかな...と少し気が向いて書いてみているのですが...途中で消してしまう可能性も(笑)。別に精神を病んでいるわけではなく幻覚も幻聴もないのですが、ペットロスとはこうも長引くものなのかといった所です。もうmove on しなくちゃいけない頃だろうと思われる半年という時間は私には全く十分ではなく、思い出すと泣く、考えると泣くという情けない状態なので皆に迷惑にならないようにそこの思考回路を遮断しているために、復活が遅れているのでしょう。楽しかった思い出を思い起こすことが供養、なんて一般論は私にはどうでもよいのです。いつかかさぶたが勝手に剥がれる日を待つしかないのです。ここまで時間がかかる程の運命の出会いだっただけのことなのです。その喪失感は私だけのもの。

そんな私も普段の生活はごく普通にいつも通りです。先日の台風?号では予想以上の降雨量でうっかりしていました。朝になり金魚の金ちゃんたちに餌をやろうとしたら金ちゃんの姿がない。鉢の外の排水溝で雨どいの水しぶきを浴びながらもう虫の息でした。「あ、死んでる」と思ったくらい。ショックで声も出ず。体表もボロボロでした。よく見るとかすかにエラと口が動いてる。でももうダメだろうし早く楽にしてあげたほうが、と思いかけて「いや、待てよ」。万に一つってあるかもと思い直し、拾って鉢の中に戻してみました。一瞬沈んでヨロヨロとしていましたが、一時間後にはぎこちなくもそれなりに泳いでいました。傷があるために感染症も怖いのでドキドキしながら様子見をしましたが、驚くことに数日後には体表の傷もほとんどなくなり、食欲も完全に元に戻りいつも通りの状態に。分からないもんだなあと感心しました。水に戻してみて本当によかった。かわいい子です。写真は台風からちょうど二日ほどたった時の金ちゃん。頭隠して尻隠さずです。一応隠れてるつもりらしいですけど。

シジュウカラは今年も2組、巣立ちを終えました。1組目は7羽もの雛が誕生しましたがちょうどカラスが偵察に来た所でした。たぶん、ですが、何羽かは犠牲になってしまったのではと思われます。いっそのこと巣立ちシーンを見なきゃよかったとも思うのですが、何も出来ないのにやっぱり見守ってしまうのです。どうか一羽でも多く生き延びていてほしいと祈りながら巣材を片付けた1時間後に、なんと次のつがいが巣材を運び込むところを目撃。衝撃です。そんなに住宅難なのか??家主としては落ち込む暇もないです。
そして昨日の土曜日の朝、2組目の雛5羽が巣立ちました。ちょうどカラスがいないタイミングで本当によかった。しばらくは親子で近辺をうろうろしていたようですが徐々に声が聞こえなくなって行きました。親子を驚かせないように今年は撮影をやめてみたのでまともな写真も映像もありませんが、近所のアンテナに止まっていた雛を撮りました。あまりに遠くて無理矢理トリミングしたので写真としては良くないのですが、何だか雛の必死さが伝わって来ます。どんなに羽ばたいてもうまく浮けない前に進まない、そんな感じでとりあえずその辺の棒にしがみついてみたって感じです。
ちょうど先日、珍しくすぐ近くに親鳥が雛を一羽連れて来ていました。一人前に飛べるようになった雛を林から連れ出して住宅街に戻って来た、そんな感じでした。もしかしたら1組目の親と雛が戻って来たのかなあ?なんて思ったりして。ちょっと大きくなるとお礼を言うかのように巣立った場所に戻ってくることがあるそうです。とにもかくにも巣立ちが2組終わったところで、あぁ夏が来るんだなと思います。

シジュウカラ巣立ち雛120701_1
  1. 2012/07/01(日) 12:00:41|
  2. うちのペット

新年度ですね

菜の花120407_1

新年度始まりました。花粉の猛攻撃が辛い季節真っただ中です。一応普通に元気に暮らしてはいますが心の中にぽっかりと穴があいたままで、ブログを更新する気にはなかなかなれず。ただこのブログ、放置しすぎると広告が出てくるみたいでそれもみっともないのでたまにはちょこっと。
ベランダで小松菜か何かの花がとう立ちして咲いていたのでかわいいな~と思って一輪挿しに。こんな雑草みたいな花でも愛でることは出来るのです。

シジュウカラのつがいが一組、今年も巣作りを始めたので巣箱の周辺をウロウロするとすぐに飛んできて怒られます。鉢の水やりもままなりません。でもせっせと毎日やってきては巣作りする姿を見ていると癒されますね。無事に雛が生まれて巣立ってくれることを祈るばかりです。

先月末にゆきちゃんが腸ポリープの切除のためにまた入院、手術をしてきました。全身麻酔でしたが開腹する手術ではないので前回ほどの不安はありませんでしたが、それでも無事手術は成功、病理検査もOKでひと安心です。
  1. 2012/04/07(土) 13:49:34|
  2. 草・木・花
前のページ 次のページ

プロフィール

ピーのママ

Author:ピーのママ
主人と娘の3人暮らし。ペットのインコやうさぎ、熱帯魚、草花の写真を撮るうちに一眼レフに目覚めました。
愛用カメラはPENTAX K100DS、レンズはSIGMA 18-50mmF2.8、20mmF1.8、APO 70-300mmF4-5.6MACROを使ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

うちのペット (94)
野鳥、自然、生きもの (154)
草・木・花 (109)
物 (28)
風景 (6)
旅 (10)
食べ物 (29)
未分類 (5)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。