FC2ブログ

ピーたま徒然な日々

野鳥、ペット、風景、何でも好きなものを撮っています

South Carolina

Beaufort-1

まるで半期報告か年次報告みたいな更新頻度です。普段は自分がブログを持っていることを思い出すことすら滅多になく(汗)。でも思い出した時くらい日記代わりに書いておくとしよう。

娘の大学生活とバイト生活の両立もようやく軌道に乗り、ゆきちゃんの看病疲れと寝不足から患ったメニエールも真面目に一年近く通っている鍼治療のお陰でほとんど症状が無くなり、会社へ行く時にも「今日も眩暈が出ませんように」なんて祈ることもなくなり、ようやくルーティンの繰り返し+α的な日常が戻って来ました。初診時に耳鼻科からはステロイドを勧められましたが拒否、治療薬もすぐに嫌になり飲んでいません(不味いわ、多いわで)。落ちていた右耳の聴力も気にならない程度まで回復したのには素直に驚いています。大学生になった娘は、一人っ子だし何でものんびりだしあまり能動的でないし大丈夫かな?と心配したのに、講義にも課題もそれなりに積極的だし、バイトは入学前に親も知らぬ間に自分で決めて授業の邪魔にならない程度に頑張って通って色んな仕事を教わり、学費や交通費以外の援助は1円も出さないで済んでいます。子供って勝手に成長するものなんだ...。

娘が大学に入学してすぐのゴールデンウィークに、どうしてもアメリカに行かなくてはいけない用事が出来て(まぁ、遊びっちゃ遊びですが)、娘を連れて久しぶりにサウスカロライナ州ビューフォートのベティー宅を訪れ、親孝行。30年も前にホームステイの学生とホストとして出会った私達ですが、こんなかけがえのない絆で結ばれることになるとはあの頃はお互い想像もしていませんでした。

町も家も前回訪れた時のまま。サウスカロライナはマーシュと呼ばれる湿地帯が広がる独特の風景がとても美しい土地。彼女達の家の前にも雄大なマーシュが広がり、朝日や夕日が凪いだ水面にキラキラと光る様子は本当にキレイで、何時間もただ座ってそれを眺めることが、ここでの楽しみの一つです。毎朝起きてベッドルームの窓や庭からこんな景色を眺めて、新聞取りに行くついでに一緒に林を散歩したり、車で近場のビーチに出掛けてちょっとのんびりして、帰りにフライドシュリンプ食べて、スーパー寄って、夕方はキッチンでテレビ見ながらワイン片手に一緒に夕食の支度しながら女同士のおしゃべり、夜はリビングでお酒飲みながらテレビドラマ見たり色んな話したり、というスローな生活を一週間。アメリカ初体験の娘にとってもかけがえのない超印象的な体験となったようだし、もちろん私にとっても一生心に残る旅でした。空港では当然のごとく泣かれたので辛かったですけど。

ところで、映画”風と共に去りぬ”はアメリカ南北戦争時代のアトランタが舞台だということは有名な話ですが、サウスカロライナでもあの映画を彷彿とさせる風景がいたる所で見られます。ビューフォートはアメリカ南部の歴史や伝統文化の息づく美しい町としてアメリカではよく知られているのですが、Low Country という名でも呼ばれるその地域は植民地時代、独立戦争時代、南北戦争時代の面影が今でも残されていて、歴史地区の美しい街並みもまた一見の価値ありです。

しかしやっぱり長旅だった...。追加料金でデルタコンフォートプラスという前後の座席間がちょっとだけ広いシートにランクアップしてみたのですが、全然大したことなかったです。乗客のほとんどが体の大きい外国人なので、彼らの膝は前の座席にしっかりくっつくくらいでした。これの意味するところは、通路側に座らない限りは、トイレに立つ時には寝てるところを起こすか、イヤホンはめて映画見てるところを邪魔するしかないということ。エコノミーでゆったり旅しようと思ったら、コンフォートプラスの最前列がいいかもなー。
サウスカロライナに行く時に使うデルタ航空は個人的には好きだし、乗り継ぎのアトランタ空港も巨大だけどとてもきれいで分かりやすくて好きなのだけど、唯一冷や汗かいたのはアトランタで長々と時間潰しをしている時のこと。デルタのアプリから「お客様の荷物が無事○○便に搭載されました」とお知らせが。何となく見慣れない数字の便。チケットを見てみると「これ、うちらの便じゃないじゃん!」。娘放置してカウンターに猛ダッシュ、かくかくしかじか。すぐに連絡を取って確認してくれると、とりあえず行き先は同じで一つ早い便なのであちらの空港で荷物を保管してくれるとのことでやれやれ...。思い返してみると、入国審査済ませて荷物受け取って国内線乗り継ぎに向かうところで、黒人の大きいスタッフのお兄さんが行き先の空港名(Savannah)をつぶやきながら、もうそれこそ「はいはーい、はいはーい」なノリで私達のスーツケースのタグ見てすーっと引き受けてくれたんですが、あそこで「○○便です!」と念押ししとかないと、「どうせ今からだと○時発の便だろ」と決め付けて確認もしないで勝手に運んじゃうんでしょうね。乗り継ぎ自体はラクですが、こういうアクシデントは普通にありそうなので要注意です。

Beaufort-2

家のドックからの風景


Beaufort-3

Hunting Island Beach


Beaufort-4

地域の農産物を使った料理が堪能できる、日本風に言うと道の駅カフェ?めちゃうま。


Beaufort-5

ここの...


Beaufort-6

これが美味しすぎてヤバい


Beaufort-7

家から数分歩くとやっと新聞受けが...


Beaufort-8

プランテーションなどで財をなしたJohn Mark Verdier の家。 合衆国国家歴史登録財の一つ。中を見学させてもらえます。


Beaufort-9

22年前に私が挙式した所。娘を連れて行けて、思い残すことが一つ減りました^^。


本当にいい旅でしたが今年はアメリカでも花粉が酷かったようで、とにかく滞在中ほとんど小脇にティッシュ抱えて薬を飲みまくり、鼻かんでばかりな上に、花粉と乾燥した空気の影響で重度の肌荒れ。お天気が抜群に良かったので景色は楽しめましたが、今度春に行くことがあったら普段よりも強い鼻炎薬を処方してもらってから行こうと心に誓ったのでありました。あーでも、クリネックスのウルトラソフトが厚みがあってフワフワで癖になりそうなティッシュだったな。
今回アメリカに行く上で一番の心配事だったもこちゃんをゆきパパに託して、何事もなく良い旅で終えられたのも、もこちゃんが元気でいてくれてるお陰でもあります。一週間、寂しいのを必死に我慢してよく耐えてくれたいい子です。留守の間、大好物の小鳥の部屋の長寿ミューズリをたっぷりあげるように頼んでおきました。ナッツや果物、ハーブ、ビーポーレン等々数十種類が入っていてペレットを凌ぐ栄養たっぷりおやつご飯です。見た目も贅沢、バランス取れてそ〜。

もこちゃんと長寿ミューズリ

うまうまっ♪


スポンサーサイト
  1. 2018/08/16(木) 14:10:34|
  2. | コメント:0
<<改善中 | ホーム | 寒波対策>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーのママ

Author:ピーのママ
主人と娘の3人暮らし。ペットのインコやうさぎ、熱帯魚、草花の写真を撮るうちに一眼レフに目覚めました。
愛用カメラはPENTAX K100DS、レンズはSIGMA 18-50mmF2.8、20mmF1.8、APO 70-300mmF4-5.6MACROを使ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

うちのペット (103)
野鳥、自然、生きもの (154)
草・木・花 (109)
物 (29)
風景 (6)
旅 (11)
食べ物 (31)
未分類 (3)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード