ピーたま徒然な日々

野鳥、ペット、風景、何でも好きなものを撮っています

生存報告

金ちゃん120701_1

なかなか気が向かず、投稿ページに入るのも久しぶりでログインを求められてしまいました。たまには生存報告でもしたほうがいいのかな...と少し気が向いて書いてみているのですが...途中で消してしまう可能性も(笑)。別に精神を病んでいるわけではなく幻覚も幻聴もないのですが、ペットロスとはこうも長引くものなのかといった所です。もうmove on しなくちゃいけない頃だろうと思われる半年という時間は私には全く十分ではなく、思い出すと泣く、考えると泣くという情けない状態なので皆に迷惑にならないようにそこの思考回路を遮断しているために、復活が遅れているのでしょう。楽しかった思い出を思い起こすことが供養、なんて一般論は私にはどうでもよいのです。いつかかさぶたが勝手に剥がれる日を待つしかないのです。ここまで時間がかかる程の運命の出会いだっただけのことなのです。その喪失感は私だけのもの。

そんな私も普段の生活はごく普通にいつも通りです。先日の台風?号では予想以上の降雨量でうっかりしていました。朝になり金魚の金ちゃんたちに餌をやろうとしたら金ちゃんの姿がない。鉢の外の排水溝で雨どいの水しぶきを浴びながらもう虫の息でした。「あ、死んでる」と思ったくらい。ショックで声も出ず。体表もボロボロでした。よく見るとかすかにエラと口が動いてる。でももうダメだろうし早く楽にしてあげたほうが、と思いかけて「いや、待てよ」。万に一つってあるかもと思い直し、拾って鉢の中に戻してみました。一瞬沈んでヨロヨロとしていましたが、一時間後にはぎこちなくもそれなりに泳いでいました。傷があるために感染症も怖いのでドキドキしながら様子見をしましたが、驚くことに数日後には体表の傷もほとんどなくなり、食欲も完全に元に戻りいつも通りの状態に。分からないもんだなあと感心しました。水に戻してみて本当によかった。かわいい子です。写真は台風からちょうど二日ほどたった時の金ちゃん。頭隠して尻隠さずです。一応隠れてるつもりらしいですけど。

シジュウカラは今年も2組、巣立ちを終えました。1組目は7羽もの雛が誕生しましたがちょうどカラスが偵察に来た所でした。たぶん、ですが、何羽かは犠牲になってしまったのではと思われます。いっそのこと巣立ちシーンを見なきゃよかったとも思うのですが、何も出来ないのにやっぱり見守ってしまうのです。どうか一羽でも多く生き延びていてほしいと祈りながら巣材を片付けた1時間後に、なんと次のつがいが巣材を運び込むところを目撃。衝撃です。そんなに住宅難なのか??家主としては落ち込む暇もないです。
そして昨日の土曜日の朝、2組目の雛5羽が巣立ちました。ちょうどカラスがいないタイミングで本当によかった。しばらくは親子で近辺をうろうろしていたようですが徐々に声が聞こえなくなって行きました。親子を驚かせないように今年は撮影をやめてみたのでまともな写真も映像もありませんが、近所のアンテナに止まっていた雛を撮りました。あまりに遠くて無理矢理トリミングしたので写真としては良くないのですが、何だか雛の必死さが伝わって来ます。どんなに羽ばたいてもうまく浮けない前に進まない、そんな感じでとりあえずその辺の棒にしがみついてみたって感じです。
ちょうど先日、珍しくすぐ近くに親鳥が雛を一羽連れて来ていました。一人前に飛べるようになった雛を林から連れ出して住宅街に戻って来た、そんな感じでした。もしかしたら1組目の親と雛が戻って来たのかなあ?なんて思ったりして。ちょっと大きくなるとお礼を言うかのように巣立った場所に戻ってくることがあるそうです。とにもかくにも巣立ちが2組終わったところで、あぁ夏が来るんだなと思います。

シジュウカラ巣立ち雛120701_1
スポンサーサイト
  1. 2012/07/01(日) 12:00:41|
  2. うちのペット

プロフィール

ピーのママ

Author:ピーのママ
主人と娘の3人暮らし。ペットのインコやうさぎ、熱帯魚、草花の写真を撮るうちに一眼レフに目覚めました。
愛用カメラはPENTAX K100DS、レンズはSIGMA 18-50mmF2.8、20mmF1.8、APO 70-300mmF4-5.6MACROを使ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

うちのペット (97)
野鳥、自然、生きもの (154)
草・木・花 (109)
物 (28)
風景 (6)
旅 (10)
食べ物 (30)
未分類 (3)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード